2008年07月24日

墜落・・・

一昨日あたりから、ブルースロックが聴きたくなって、結局サザンロックの雄であるLynyrd SkynyrdのSecond Helpingを聴いています。

LS.JPG

一言でいうと「カラッ」とした南部の明るさと、深いブルースへの思いを十分感じられることができます。
1曲目のSweet Home Alabamaから始まるのですが、とにかくカッコイイ!ちなみにこのSweet Home Alabama はNeil youngのSouthen Manへのアンサーソングです。
かと思ったら2曲目から始まる、怒涛のブルースロック!
実に渋い!けど、すげぇカッチョイイ!
Lynyrd Skynyrdの代名詞であるトリプルギターが炸裂してます。
アメリカの南部では、未だにLynyrd Skynyrdのポスターを家の壁に貼っている人が多いという話を聞いたことがあります。南部の誇りなんでしょうね。
このあとリリースされたライブ盤もぜひ聴いていただきたい。
とにかくカッコイイから!Deepですよ〜。
Van Zantのボーカルがより一層、ブルース魂を高めています。

しかし・・・1977年10月20日、Lynyrd Skynyrdを乗せた自家用機が墜落。Van Zantは天に召されてしまいます。しかも6thアルバムをリリース直後に・・・。まさに悲劇です。

その後、Lynyrd Skynyrdは解散。最近、再結成されたみたいだけど、ボーカルがVan Zantではなくて、萎えてしまいます。



LS.bmp
posted by りょ〜 at 20:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日、聞いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔です!

レイナードはアル・クーパーがプロデュースをやめて、エド・キングが脱退した以降は聴いてないんですが、
どうなんでしょうか、質は?
Posted by スビドリガイロフ at 2008年07月24日 22:02
サザン・ロックというくくりでもブリッテッシュ・ブルース特にフリーあたりを経由してのブルース・ロックということで初期オールマンなんかよりはとっつきやすかった覚えがあります。

>最近、再結成されたみたいだけど
いえいえもう再結成して20年近く経っているはずですよ
Posted by sugarmountain at 2008年07月24日 23:45
スビドリさん、どうもです。

実は、こういう記事を書きましたが、レーナードに関しては、知らないことが多いです(汗)。
アル・クーパーがプロデュースしているのですか!?
Posted by りょ〜 at 2008年07月25日 04:27
sugarmountainさん、こんばんは!

確かに、Freeと同じ匂いがしますね。
自分、Freeも大好きなんで、レーナードを好きになるのも納得です。

再結成に関してはまったく知らなくて20年も昔の話なのですね。
誤った情報ですいません(汗)
Posted by りょ〜 at 2008年07月25日 04:30
そうです。
3rdまでアル・クーパーがプロデュースしてるんですよ。
エド・キングもアル・クーパーの紹介で加入したんです。
Posted by スビドリガイロフ at 2008年07月25日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103512572

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。