2008年07月27日

That's Entertainment

先月、ジャムのボックスを買いまして、かなり気分がノッてきたのでオリジナルを聴くことに。

SA.JPG

Sound Affectsです。

このアルバムの良いところは、何と言ってもモッズの香りがプンプンすること。しょっぱなから60年代!?と思わせるほどグルーヴィーで、楽曲もフーっぽいんです。
5曲目のStart!のイントロはもろジョージのTax Manだし(苦笑)。
それにかなりポップな一面を持っており、非常に聴きやすい。
世間では3rdが最高傑作とされているみたいですが(唯一DXバージョン有り)この盤もなかなか良盤です。
それとThat's Entertainment。
大名曲です。



posted by りょ〜 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日、聞いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もJAMのアルバムではこれがいちばん好きかなあ。
「That's Entertainment」はポール・ウェラーが飲んで家に帰った後、酔った勢いでひらめいて作ったらしいですね^^。

Posted by MASA at 2008年07月27日 23:51
MASAさん、どうもです。

That's Entertainmentのエピソードは初めて聴きました。
ポール・ウェラー、天才っすね!
後のスタカン時代も才能全開ですもんね。
Posted by りょ〜 at 2008年07月28日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103713767

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。