2008年07月18日

Birds

POPOSUKEさんのブログにダウンライナーズ・セクトのことが書いてあったので、俺もブリティッシュ・ビートを聴こうと思い、これを引っ張りだしてきました。

Birds.JPG

Facesのギタリストであり、現在は皆さんご存じのとおりストーンズのギタリストである、ロニー・ウッドが在籍したグループ、Birdsの編集盤です。オリジナルアルバムは出さなかったみたい。
ここで気をつけてほしいのは「Byrds」ではなく「Birds」だということ。どちらも60年代のグループなので、ごっちゃにしないように。

内容なんですが、一言で表すと・・・「凶暴」。
これにつきます。
WhoのRun Run Runや、R&Bのカバー曲がほとんどなのですが、おそらくオリジナルを超えてます。他のメンバーは有名ではない人ばかりですが、腕前は確か。プリティーズの1st、2ndのような、ただただ乱暴な感じではなくて、心地よく聴いてられます。
基本、路線はモッズ気味ですが、時々入るハープの音を聞くと、ブルースからも影響を受けているようです。

LPで買うと、プレミア価格がすごいらしい・・・。
ですが、僕は中野のレコミンツで1000円で買えました。もちろんCDですが。
良い買い物だったな。
ロニーが好きな人は必聴!

Birds2.JPG

Decca.JPG
posted by りょ〜 at 20:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 今日、聞いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡

おととい、アメリカに行ったときの話をしましたが、それの続き。
何と、奇跡的にヤンキースVSマリナーズの試合を見ることができたのです!
そしてさらに奇跡的にデジカメに収めることができました。

Ichiro.JPG

Ichiro2.JPG

Ichiro4.JPG

実はこの日の2日前にもヤンキース戦を見に行ってたので、松井をパシャリ。

matsui1.JPG

この試合を見たヤンキースタジアムも来年は新球場に移転するために使われなくなるそうで・・・いい記念になりました。

スタジアム.JPG

posted by りょ〜 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳永

母親に頼まれて徳永英明の「愛が哀しいから」をiTunesで買って、CDに焼いてあげた。

tokunaga.jpg

徳永英明って失礼ながら「壊れかけのRadio」の一発屋だと思ってたら、かなりの数のヒットソングを持ってることが判明。
ボーカリストシリーズで一気に時の人になった彼だが、オリジナルの曲のほうが良いじゃん!なんて思った。
なんといっても声が素晴らしい。
確かスパサカのキャスターをやってた時もあったよね。
病気になって降板してしまったのだけれど。


posted by りょ〜 at 06:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

緑を守ろう

Kinksはコンセプトアルバムが多いことでも有名ですが、やはり最高傑作はこれでしょう。

緑を守ろう.JPG

まずコンセプト自体の着目点が斬新。
60年代で「緑を守ろう」ですよ!

内容も捨て曲なしの大名盤で。
全部、メロディーが日本でいう歌謡曲的な匂いがします。
特にタイトル曲。日本の某ミュージシャンがパくった、あれですよ。
マイナーコードを上手く使いながら、哀愁漂う名曲です。
6曲目のBig Skyも最高。やはりレイ先生は天才ですな。
相変わらずミック・エイヴォリーのドラムはキマってます。

その後のRCAレーベルでのキンクスの作品はほとんどいわゆる「ロック・オペラ」。パイ時代の後期にも作ってますが、だんだん先生の「ひねくれ」具合が悪化(苦笑)。RCAからリリースされた作品ですが、お兄ちゃん(だよな?)が我慢(?)して付き合ってくれてます。
なのでプリザベイション・アクトの2作はキンキーマニアの踏み絵状態になってます(笑)。
まぁ、おかげで80年代に入ったあたりから再ブレークするのですが。

僕にとってキンクスはRCA>パイ>アリスタという感じ。
アリスタ時代も好きですが、やはりひねくれたキンクスが好きです。

ちなみにプリザベイションアクト1&2は画像のアルバムの続編になっています。キンキーマニアになりたい方は是非。

画像のアルバムは今3枚組になってますしね。濃いですよ〜。
posted by りょ〜 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日、聞いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

John

去年の暮れ、アメリカに行ってました。
1か月英会話学校に通い、勉強してました。
そして偶然にも12月8日が休みで・・・命日ということでダコタハウスに直行。

073.JPG

なんか近くで見ると、普通のアパートなんですね。
しかし感慨深くて。この建物の前で撃たれたのか・・・みたいな。
そしてものすごい人数のファンがモニュメントで追悼「合唱」していました。ビートルズの曲に合わせて。

080.JPG

みんなビートルズが大好きなんだなぁ。ジョンが大好きなんだなぁ。
僕も一緒にノー・リプライを大合唱。
感動しました。こんなにもファンから愛されているなんて。

083.JPG
posted by りょ〜 at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Whooooo!

おととい届いたWhoのLive at Leedsをやっと聴き終えました。

Leeds.JPG

一枚目に定番曲。二枚目はトミーの再現ライブになってます。

まず一枚目。いきなりエントウィッスルのHeaven And Hellで鳥肌。続くポップなI Can't Explainで撃沈。Young Man Bluesのダルトリーのシャウトに眼から鱗。ほとんどの曲がオリジナルを超えてます。オリジナル・アルバム聴けなくなりそう(苦笑
ちなみにこの時点ではまだBaba O'rileyとかWon't Get Fooled Againはリリースされていないので、1〜3枚目(Sold Out)+シングル曲の中からの選曲である。しかし、Who's Nextよりも「ロック」している。Who's Nextも大名盤だが、このライブアルバムにはそれを超えるWhoの魅力が最大限に発揮されている。
圧巻なのが、15分にわたるMy Generation。しかし15分間、飽きることもなくあっという間に終わってしまう。特にキースがドカドカ、ドラムを叩きまくってるのが印象的。エントウィッスルのベースもオリジナルに比べ、存在感を高めている。それに何といってもピートのギター。豪快の一言にすぎる。今度の日本公演で腕をブンブン回して、最終的に破壊するのだろうか、見ものだ。
そして2枚目のトミー再現ライブ。おそらく1枚目と同じ日に演奏しているのにも関わらず、疲れを見せず、オリジナルのトミーを超越している。最後のWe're Not Gonna Take Itでショーは終わるのだが、なんだか映画のラストシーンを見ているときのように感動してしまう。
11月が楽しみだ。

posted by りょ〜 at 00:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

kawabata

現代国語の先生にこれを読めと言われました。

kawabata.JPG

古典の名作です。
しかし・・・小説読むの、苦手なんです(汗
なんか集中力が足りないというか・・・。
どなたか内容教えてください(苦笑
聴く分にはOKなんですけどね。
たとえば、これ。

tommy.JPG

とか、これ。

SF.JPG

要はコンセプトアルバムじゃねぇ〜か(ノリツッコミ)。
特にトミーを初めて聴いたときは衝撃を受けました。
世間一般ではあまり評価されていないという方もちらほら見ますが、
僕は大好きです。なんせ生まれて初めてのロックオペラです。
話の内容はイマイチ曖昧ですが(笑)曲自体は最高ですし。
11月の来日の際はどれくらいトミーの曲をやってくれるでしょうかね?

頼むよ、ピートさん!
posted by りょ〜 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爪爪爪

最近、このシングルがヘビロテです。

マキシマム.JPG

いつも僕のブログに来てくださる方は確実に分からないと思われる、日本のラップメタルバンド、マキシマムザホルモンのニュー・シングルです。

もうねぇ、言葉では言い表せないのよ。
一言でいうと「凄すぎる」。
ご覧になってください。



ね?凄まじいでしょ?笑っちゃくらい。
posted by りょ〜 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日、聞いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

I Don't Mind

たった今、予備校から帰ってきましたぁ〜。
早速何を聴こうか考えたあげく、この名盤を。

1st.JPG

もちろん、皆様ご存じのThe Whoの1stであります。
今度、この1stボックスが出ますよね。
ただ、いくら「音楽オタク」の俺には手を出せない額です。
10000円って・・・(苦笑

もちろん、内容は最高なんです。みなさん、知っての通り。
ビートルズにせぇ、フーにせぇ、プリティーズにせぇ、1stは初期衝動を感じます。
それは1stが持っている特権というべきでしょうか。
特にRolling Stones。

stones1st.JPG

これは衝撃的でした。1曲しかオリジナル(ナンカー・フェルジを除き)がないにも関わらず、堂々全英1位をとったストーンズの化け物1stアルバムです。
ちなみにこのUKオリジナルCDは現在廃盤ですが、僕は中古でプレミア付きのを買いました。
1曲目がいきなりRoute 66って・・・カッコよすぎです。
Tell Meも名曲ですし。
何と言ったって、最後のWalking The Dogのブライアン。
この人、こんな声してたんだぁ〜みたいな。

話は戻って、フーのこのアルバム。捨て曲が全くありません。
特にThe Kids Are Alright。キースはドラムどこどこ、ベースぶんぶんにも関わらず最強のポップソング。
この一曲だけでも買う価値ありですね。
しっかし、44年も前のアルバムですよ。
良いアルバムはいつまでたっても良いアルバムなんですよね。
僕みたいなガキとしては一生懸命、普及していくしかないのです。
しかし、若者(俺以外の)のオレンジレンジなりアクアタイムズには負けてしまうのでしょうね。
中身は断然Whoの方が良いのに!
そんなのおめぇらには分からんだろ。

あ、ついつい暴言を吐いてしまった。
自分もレミオロメン好きなくせに(恥
posted by りょ〜 at 19:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日、聞いたCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

Which

先日、こんな本を買いました。

CD.JPG

音楽がデータ配信になったり、ネット通販が主流になり、店頭での販売状況が厳しくなるのではないかとのこと。そしてCDの「寿命」。
確かに僕自身、もちろん店に行ってCDを買うこともありますが、ここ2年くらいはネット通販を利用することが大変多くなってます。
それにレディオヘッドが行った、無料で音源をネット上で流すという「事件」。ここ数年で音楽を聴く媒体がどんどん増えていってますよね。心配なのが、CDが売れなくなってしまうということ。CDを買おう!と思って店に行かず、パソコンで音源が買えてしまう。

でもね、大切なのは直接店に行き、欲しい商品を手にとって裏ジャケを見たり、中古を宝物探しのように漁ったり、セールを物色したりすることだと思うんですよ。
ネット通販はネット通販で大変安かったりして、僕もよく利用しますが、直接行くこともたぶん大切なことだと思います。

最近は、iTunes Storeでダウンロードすることも増えていきました。
確かに安いですもんね。
しかし、ダウンロードした曲って「物」ではないじゃないですか。
形として残らない。そこに怖さを覚えてしまいます。
クリックひとつで簡単に消え去ってしまう。

だから僕はCDにとにかく頑張ってほしいのです。
絶対、消えたらいけない物です。
posted by りょ〜 at 12:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 音楽の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。